テレビにまつわる「気になる」を
調査してレポートでお届け!

テレビにまつわる「気になる」を
調査してレポートでお届け!

選挙特番は、新しいエンタメコンテンツ?データからわかる投票率と選挙特番の関係。

初の「18歳以上選挙権」が話題であった、2016年7月10日の参議院選挙。最近の選挙特番は各局ともに力をいれて見ごたえのあるものが増えてきた。そこで、今回は、「投票率」と「選挙特番」の視聴状況を分析してみることで、国民・視聴者の本当の関心が見えてこないかを、今回分析してみたぞ。

分析対象期間は、前回同規模の選挙(衆議院選)実施日である2014年12月14日(日)と、今回の参議院選挙実施日である2016年7月10日(日)の2日間。特番開始から1時間(20時~21時)の関東地域における視聴時間を見た。なお、放送局・番組は、NHK Eテレを除く地上波6局。

今回の分析は「特番開始1時間における視聴時間」を放送局と世帯別に算出してみた。さて、どんな結果となったのか。早速チェックしていこう!!

選挙特番 番組開始時のテレビ局別視聴率!

世帯別の各局開始1時間の平均視聴時間を見ると、結果は一目瞭然2014年12月同様、テレビ東京『池上彰の選挙スペシャル』が一番人気。するどい角度から政治に切り込み、視聴者にわかりやすく解説してくれる池上彰さんのコメント力に期待した人が多かったようだ。人々は「選挙結果(速報)を知りたい」だけでなく、この結果を経て「今後はどう変化していくのか」にも強い関心を持っており、そういった複雑な話をわかりやすく解説してくれる『池上彰の選挙スペシャル』がさまざまな年齢層に支持されたと推測できる。
一方、この番組にくさびを打ったのが、日テレ『ZERO×選挙』だ。「既婚・子供と同居」世帯においては、テレビ東京に肉薄する勢いであった。櫻井 翔さんなど、家族目線で魅力のあるキャスティングも影響しているのかもしれない。

選挙特番視聴時間が投票率を左右する?

次に、「投票率」と「選挙特番視聴時間」を、前回選挙(2014年の第47回衆院選)と比較して調べてみた。今回の投票率は2.04ポイント増加したが、選挙特番の視聴時間は2.78%減少。特に、「既婚・子供と同居」世帯は7.16ポイントと大幅に減少。選挙前の土曜日が雨で、日曜日の天気が良かったことも影響しているのか、はたまた、今回の選挙争点は子供のいる世帯にとって関心が低かったのかもしれない。また、「18歳」選挙でもあった今回は、その影響からか「未婚・一人暮らし」の下げ幅が、最も低く2.16%減であった。

今回、投票率と選挙特番の関係を分析してみると、投票行動自体で「政治への関心」と見ることもできるが、さらに、選挙特番を世帯状態などの切り口をつぶさにみることで、もっといろいろなことがわかってくる気がする。東京圏では、都知事選もあるので、今回の参議院選挙の投票率や選挙特番をもっと分析すると、今後の政治への関心を高める術が見つかるかもしれないな。そろそろ、選挙参謀のサービスも始めるとするかな。。。

この記事が気にいったら
いいね!してね

関連記事

中部エリアのローカル番組をランキングで分析!地元特集に注目している人の特徴とは!?

記事へ

NHK Eテレの番組は、大人ゴコロもくすぐる!?

記事へ

30代のテレビ視聴実態!第1弾 チャンネル争いは昔の話?イマドキ家庭のテレビ事情

記事へ

人生いろいろ テレビもいろいろ 北関東、東京23区…人気番組にも地域差が!?

記事へ

DAILY RANKING

【最新】コア視聴率ランキング TOP20

記事へ

日本中が盛り上がった!ラグビーワールドカップ 日本で一番視聴率が高かったのは?

記事へ

年末年始、若者は紅白 ガキ使 駅伝 一体何を見てた?大晦日から正月の視聴率調査

記事へ

「Z世代」がよくみている番組・あまりみていない番組とは?番組ランキングで調査!

記事へ

ドラマの良し悪しは視聴率だけじゃ語れない!?ブラックペアン、コンフィデンスマンJP、おっさんずラブ…人気ドラマを独自比較してみた

記事へ

CATEGORY

PROFILE

ソレユケ テレビ探偵団とは?

テレビにまつわる「気になる」を調査!
ドラマ&スポーツ&バラエティ&アニメ&映画やテレビCMの視聴分析をご紹介!
【企画運営:CCCMKホールディングス】

FOLLOW US

Twitter

Facebook