テレビにまつわる「気になる」を
調査してレポートでお届け!

テレビにまつわる「気になる」を
調査してレポートでお届け!

「マス×デジタル」の処方箋となるマーケティングデータ活用事例が詰まった書籍『顧客起点のマーケティングDX』3/31(木)に発売、出版記念セミナーも開催!

「ユニークデータを解決力に。」をキーメッセージにさまざまな企業の課題解決に取り組むCCCマーケティング株式会社は、横山隆治事務所(有限会社シックス・サイト)の代表かつCCCマーケティングの「エグゼクティブ・アドバイザー」を務める横山隆治氏との共同著書『顧客起点のマーケティングDX~データでつくるブランドと生活者のユニークな関係~(発行:宣伝会議)』を、2022年3月31日(木)より全国の書店およびオンラインで発売いたします。
3月7日(月)より予約受付を開始しております。

また、このたびの出版を記念し、広告宣伝担当者やマーケティング担当者のみなさまに向け、横山隆治氏とともに、制作に至った経緯や本書で語りきれなかったことをお話するオンラインセミナーを3月25日(金)に開催いたします。

アフタークッキー時代の到来やファーストパーティデータの活用などマーケティング環境が日々変化する昨今、オンオフ含めてデータが溢れ出し、マーケティング担当者のみなさまにおいては、その変化に付いていくだけでも大変な時代になってまいりました。そのような中CCCマーケティングでは、7,000万人を超えるT会員の購買データと4,000万人を超えるネットID連携データ、46万人を超えるTV視聴データが繋がるマーケティングデータを組み合わせ、プランニング・出稿・検証が一気通貫で叶う「CCCマーケティングオリジナルの循環型マーケティング」を提供し、広告宣伝担当者やマーケティング担当者が抱える課題を解決してまいりました。

このたびの書籍化においては、デジタルマーケティングを黎明期から支えて来られた横山氏の有する知見に、CCCマーケティングが日々培ってきたマーケティング・ソリューションのノウハウを掛け合わせ、「マス×デジタルの処方箋」となるべく、生活者を起点とするマーケティング方法や活用事例、これからのマーケティングのあり方を、マーケティング担当者のみなさまはもちろん、これからマーケティングデータを活用するみなさまの一助となる書籍として発売いたします。

本書の概要

マーケティングDXの本質は、「顧客体験(CX)をデジタルで最適化すること」にある——。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が叫ばれている昨今ですが、これは企業の資材調達・製造・物流・販売・マーケティングなどのバリューチェーンを串刺しにして、デジタル化で従来できなかった新しい価値を創出することに真の目的があります。そのなかでもマーケティングのDXとはデジタルで「顧客体験の最適化」を実現することです。そして、テレビCMなどのマス広告を活用する宣伝部のDXこそが「要」となりうるのです。

本書は、「デジタルマーケティング」ではなく「マーケティングのデジタル化(DX化)」を目指す広告宣伝・マーケティング担当者のための指南書です。テレビCMの到達効率や、自社と顧客との間だけにある関係を表す「ユニークデータ」の発掘、SNSで変わる消費者行動などの視点を提供しながら、顧客視点を持ちながらデジタル思考ができる人財育成、組織づくりの考え方を提供します。

本書の構成

Chapter1 DXに成功する企業、失敗する企業
Chapter2 宣伝部のDX~求められるデジタル思考とマーケティング環境の変化~
Chapter3 ユニークデータの活用でマーケティングをアップデートする
Chapter4 ユニークデータを使ってデモグラだけのターゲティングを卒業する
Chapter5 テレビ広告の到達実態を認識する
Chapter6 広告メディアアロケーションの本質
Chapter7 SNSの浸透で変わる購買行動
Chapter8 日本の広告・メディア業界のデジタル化は進んでいるのか?

書誌情報

著者:横山隆治・橋本直久・長島幸司 
発売日:2022年3月31日(木)
書名:顧客起点のマーケティングDX データでつくるブランドと生活者のユニークな関係
定価:1,980円(本体1,800円+税) 判型:四六判  頁数:232ページ
発行:株式会社宣伝会議 ISBN 9784883355457
予約&販売URL:https://shop.tsutaya.co.jp/book/product/9784883355457/

出版記念 オンラインセミナーの概要

開催日時:2022年3月25日(金)17:00~18:00
登壇者:横山隆治氏・橋本直久・長島幸司

内容:昨今、様々なデータが使えるようになり、マーケティングにおけるデータ活用は避けて通れない時代なってきました。CCCマーケティングではマス×デジタルの活用の第一人者で、エグゼクティブ・アドバイザーでもある横山隆治氏と、約7,000万人のデータを使ってきたノウハウをもとに昨今のデータ環境だからこそできるようになった、マーケティングデータの活用課題や事例を書籍にまとめました。今回は、書籍出版に至った背景(業界課題)や、今だからこそ取り組める顧客起点のマーケティングDXの重要性をお伝えして、明日から使えるマーケティングデータの活用に役立てていただければと思います。

(出版記念 オンラインセミナーお申し込みURL:https://soreyuke.tv/events/webinar_20220325/

著者紹介

横山隆治
(有)シックス・サイト(横山隆治事務所)代表取締役
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ 取締役
CCCマーケティング株式会社 エグゼクティブ・アドバイザー
1982年、青山学院大学文学部英文学科卒。同年、旭通信社入社。1996年、インターネット広告のメディアレップ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを起案設立。同社代表取締役社長に就任。2001年、同社を上場。インターネットの黎明期からネット広告の普及、理論家、体系化に取り組む。2008年、ADKインタラクティブを設立。同社代表取締役社長に就任。2010年9月、デジタルコンサルティングパートナーズを主宰。企業のマーケティングメディアをPOEに再整理するトリプルメディアの考え方を日本に紹介。主な著書に『CMを科学する』(宣伝会議、2016年)、『新世代デジタルマーケティング』(インプレス、2015年)など。
(横山氏へのお問い合わせはこちら:yokoyama@sixsights.co.jp)

橋本直久
CCCマーケティング株式会社 新規事業Div. ジェネラルマネージャー
2001年PR会社プラップジャパン入社、その後NTTグループにて広告や事業開発に従事し、2014年からCCCグループに入社。現在、7,000万人を超えるT会員が生み出す購買データと、それに直接つながる全国約46万人のTVデータや4,000万人のネットデータを活用して、新しいマーケティング・ソリューションを開発&提供中。

長島幸司
CCCマーケティング株式会社 新規事業Division テレビマーケティングユニット Unit長/メディアエージェンシーUnit
広告業界で幅広い業種の統合キャンペーン、SPやMD企画、各種イベント・コンベンション企画、リサーチ・分析などのマーケティング支援に携わったのち、2018年CCCグループ入社。大手広告主を中心に、テレビ局、広告代理店に対して、TVデータ×購買分析、テレビ×デジタル広告などの分析による企画・コンサルティングを手がける。

(出版記念 オンラインセミナーお申し込みURL:https://soreyuke.tv/events/webinar_20220325/

この記事が気にいったら
いいね!してね

DAILY RANKING

【最新】コア視聴率ランキング TOP20

記事へ

何曜日のテレビ番組が人気なの?曜日と人々の動きを読み解け!

記事へ

世代ごとのBS視聴傾向をTV局で深掘り!BSファンの実態とは!?

記事へ

ドラマの良し悪しは視聴率だけじゃ語れない!?ブラックペアン、コンフィデンスマンJP、おっさんずラブ…人気ドラマを独自比較してみた

記事へ

中部エリアのローカル番組をランキングで分析!地元特集に注目している人の特徴とは!?

記事へ

CATEGORY

PROFILE

ソレユケ テレビ探偵団とは?

テレビにまつわる「気になる」を調査!
ドラマ&スポーツ&バラエティ&アニメ&映画やテレビCMの視聴分析をご紹介。
また弊社のTV視聴データのウェビナー情報や、TポイントとTVCMが連動したお得なキャンペーン情報もお届け!

FOLLOW US

Twitter

Facebook